分譲住宅は税金面でお得

 

TOP > 税金面でお得

分譲住宅は賃貸マンションより税金面でお得

分譲住宅 税金

今いる住まいから新しい住まいに引っ越したい場合、分譲住宅と賃貸マンションのどちらを購入するかは迷うところです。

分譲住宅と賃貸マンションではどちらの場合でも、購入時に不動産取得税や登録免許税、印紙税、消費税などの税金を納めなければなりません。また、どちらの場合も保有している限りは固定資産税や都市計画税が課され、売却時には所得税や住民税などが課されます。課される税の種類から見ると、分譲住宅と賃貸マンションの間に大きな違いはありません。

分譲住宅と賃貸マンションでの税金面での違いは、税の軽減措置や控除の面にあります。例えば、分譲住宅の場合は新築のものを購入した場合、不動産取得税において特例控除や税額の軽減が受けられたり、登録免許税において軽減税率が適用されたりします。また、売却時においても所定の条件を満たせば特別控除や税の軽減が受けられます。しかし、賃貸マンションの場合は必ずしもこのような特例の制度が整っているわけではありません。

つまり、分譲住宅は税の軽減措置や控除の制度が充実しており、節税の工夫がしやすい分、賃貸マンションよりお得であるということがいえるわけです。