分譲住宅と賃貸マンション どちらがお得


価格を明確にしておきたい分譲住宅の選び方

分譲住宅

賃貸住宅などにお住まいの方の場合では、毎月に支払う家賃について勿体無いと感じることがあります。 その結果として将来的に分譲住宅などを購入することを希望される方も数多く存在しているのですが、分譲住宅は一般的には注文住宅よりも低価格で購入することができる物件としても知られています。

しかし、分譲住宅であっても、価格を明確にしておくことが必要とされていて、長期的な視野で考えることも必要になるケースもあります。 例えば分譲住宅の場合ではシンプルな構造で作られているものも多い傾向にありますが、例えば購入後にカーポートを設置することが必要となったり、地域によっては雪対策として、融雪機やロードヒーティングに施工することが必要になるケースもあります。

そのため、最初に提示されている価格に加えて、生活スタイルに合わせた条件に住宅をリフォームする必要がある場合では、その資金についても最初にしっかりと見極めておくことによって、安心して購入することができます。


コストダウン可能としている分譲住宅について

住宅の購入を希望している方の場合では、賃貸マンションなどを利用して生活を送っている方も多く存在しています。 賃貸住宅の場合では、住み続けている間は毎月の家賃が必ず必要とされているものですが、分譲住宅を購入した場合では、ローンの返済を済ませた場合では、家賃などが一切掛かることがありません。

そのため分譲住宅を購入希望される方も多い傾向にありますが、購入する時の年齢によっても変わることがあります。 ローンを組むことのできる年齢の上限というものがあり、中には親子ローンを活用される方も存在していますが、分譲住宅を購入する場合では、後の使い道についても考えておくことでスムーズに購入できます。

例えば後に子供に相続させることも可能で、無理のないローンを組むことも必要になります。 分譲住宅の中には、同じ区画内で建てられている物件に対して、同じ住宅資材を使用することによってコストダウン可能としているケースもあります。コストダウン可能となっている物件の場合では、比較的低予算で購入することも不可能ではありません。

東京オリンピック後の不動産価値

東京オリンピック

2020年に東京オリンピックが開催されることは大変喜ばしいことですが、不動産価格には大きな影響を与えそうです。オリンピック開催前から徐々に、不動産価格の下落が予想されています。

売却を考えている物件を持っているようなら、時期の検討が必要となります。特に東京周辺地域の下落に転じた場合は、下落スピードが早そうです。タワーマンションが多数建設されていますが、ピークを過ぎた感もあります。オリンピック後から景気次第ですが、購入時期も売却時期も見極めが必要になってくるでしょう。